aga治療,agaスキンクリニック,aga治療費用

AGA治療AtoZ これを読めば治療法、費用すべて解決

AGA治療を詳しく解説

AGAはシャンプーで治るのか?

読了までの目安時間:約 5分

AGAは男性型脱毛症のことですが、医薬品としてプロペシアとミノキシジルというものがあります。これ以外のものは現在のところ医薬品として認可されていません。

 

したがって、シャンプーに含まれる成分というのは医薬部外品か化粧品に分類される成分となります。

 

育毛シャンプーは現在多く発売されていますが、AGAに関しては効果は期待できないと考えて間違いありません。また、シャンプーというのは育毛剤のように塗るわけではなく、洗い流すのでそもそも成分が本当に頭皮に浸透するのか疑問が残ります。

 

ただし、頭皮環境をよくする、皮脂の詰りを防ぐなど、AGA以外の効果はあるかもしれません。

 

 

 

市販のシャンプーと高価なシャンプーの違いとは?

ディスカウントストアーなど、どこにでも売っているシャンプーとネットの通販で購入する高価なシャンプーは何が違うのでしょうか?

 

市販の安いシャンプーは石油系成分と石鹸系成分がほとんどで、これらは洗浄力が強く頭皮の皮脂を洗い流してしまいます。普通に考えるときれいに洗い流してくれるのでいいのではないか?と思われますが、実はこれが頭皮に良くないのです。

 

皮脂は外部から頭皮を守るために必要なものですが、シャンプーによってすべて洗い流されると頭皮は外部から守るために余計に皮脂を分泌させるという特徴があります。

 

皮脂を必要以上に多く分泌されると、毛穴が詰まったりべとついたりして逆効果になります。

 

一方、高価なシャンプーは成分がアミノ酸系成分といわれるものが配合されています。この成分は、皮脂を全部洗い流さずに適度に残します。そして、ほこりなどの不必要な汚れを落としてくれます。

 

つまり、高価なシャンプーというのは、頭皮環境に配慮した成分が配合されているのです。

 

AGA治療は薬を飲んだり塗り薬さえ塗ればいいわけではなく、髪が生えやすい頭皮環境も大事になります。育毛シャンプーの役割は、この頭皮環境を整えることにあります。

 

 

 

ノンシリコンとは?

よくノンシリコンシャンプーという言葉を聞きますが、シリコンとはどういったものでしょうか?なぜシリコンが含まれてないほうがいいのでしょうか?

 

シリコンとは、髪に艶を出す、つまりコーティングするためにシャンプーに含まれている成分です。安い市販のシャンプーにはよく含まれている成分です。

 

しかし、このシリコンが発毛に良くないのです。なぜなら、毛穴がシリコンに覆われて髪の発育を阻害してしまうからです。

 

そのため、高価なシャンプーはよくノンシリコンをうたい文句にして販売されています。

 

このように、安い市販のシャンプーと高価なシャンプーには成分に違いがあるのです。

 

 

 

まとめ

シャンプーでAGAが改善できるわけではなく、あくまで頭皮環境を整えるのが目的です。

 

AGA治療は髪を生やすのが目的ですが、頭皮環境が整っていなければ効果は半減します。それを補う役割がシャンプーにはあります。

 

育毛シャンプーとは、AGAを治療するものではなく、あくまで頭皮環境に効果があるものです。

 

AGAを治したいなら育毛剤がオススメです。中でも、イクオスはAGAに効果的な成分を多く含んでいます。

 

参考サイト
>>>育毛剤イクオスVSチャップアップVSブブカ!成分・効果徹底比較
 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿