aga治療,agaスキンクリニック,aga治療費用

AGA治療AtoZ これを読めば治療法、費用すべて解決

AGA治療を詳しく解説

AGA治療と育毛剤の違いとは?

読了までの目安時間:約 5分

AGA治療と育毛剤では決定的に違います。それは、医薬品と医薬部外品の違いです。育毛剤は医薬部外品、AGA治療は医療行為であって医薬品を利用します。

 

 

したがって、効果の面から考えても育毛剤は医薬品レベルの効き目は望めないということになります。

 

 

ネット上では、育毛剤の効果を絶賛するサイトやブログが数多くありますが、かなりの過大評価をしていると思っていいでしょう。

 

 

 

AGA治療薬の成分

AGA治療薬は主に2つからなります。1つはフィナステリド、そしてもう1つがミノキシジルです。

 

 

フィナステリド・・・脱毛の原因でもある男性ホルモンDHTを抑制し、脱毛をストップさせる効果があります。

 

ミノキシジル・・・頭皮の血行を促進し、毛根に血液を送り込み髪にコシを与え太くします。

 

 

簡単に説明すると上記のような効果が期待できる治療薬です。この2つを服用し続けることによって3~6か月でかなりの効果が得られます。

 

また、継続することによって脱毛をストップさせ、細くなって脱毛しかけていた髪をよみがえらせることが可能となります。

 

 

 

 

育毛剤の成分

AGAの原因は、男性ホルモンでもあるテストステロンが5αリダクターゼによって「ジヒドロテストステロン」に変化し、それが髪に影響を与え脱毛していくという仕組みになっています。

 

 

そして、それを治療するには、5αリダクターゼの働きを抑えることによって、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化しないようにする必要があります。

 

 

育毛剤には、医薬品は含まれていませんが、それと同じ働きをするであろうという成分が含有されています。

 

 

オウゴンエキス

チョウジエキス

ビワ葉エキス

ノコギリヤシ

などです。

 

 

しかしながら、これらは医薬品として認定されていません。あくまで実験の結果、同等の効果がみられた、ということで確実性のあるものではありません。

 

 

ちなみに、育毛剤は1か月いくらのコストがかかるかというと、おおよそ1万円前後かかります。

 

 

 

育毛剤とAGA治療薬の費用

AGAスキンクリニックの記事で説明していますが、フィナステリドとミノキシジルだけであれば、月々14,000円です。効果を考えたら、医薬品であるフィナステリドとミノキシジルの方が確実性があります。

 

 

また、料金的にも育毛剤との差は数千円程度です。もし、育毛を始めるのであれば、確実性があって無駄がないAGAクリニックでの治療がオススメです。

 

 

ネット上では、AGA治療薬は副作用があるから危険だ、という声が多くありますが、はっきり言って無視するべきです。

 

 

なぜなら、AGA治療薬を否定しておいて結局育毛剤を勧めているからです。なぜそうしているのかというと、育毛剤を紹介すると彼らに報酬が入ってくるからです。

 

 

そのため、AGA治療薬を悪者扱いにして育毛剤を正当化して過大評価しているに過ぎないのです。

 

 

AGA治療薬は医師から指示されたとおりに摂取してれば、まず副作用はないといってもいいでしょう。また、医師の処方を受けているわけで、万が一のことがあれば担当の医師に相談することができます。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿